英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス

英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス

アールヌーボー|鈴蘭のボンボンバスケット+シフタースプーン

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
商品番号 S170204
数量
-
茎に見立てたハンドルに可憐に咲く鈴蘭の花が、非常にアールヌーボーらしいバスケットです。

ジャムスタンドやボンボンデッシュ(スウィート入れ)、ナッツサーバーなど等、アイデア次第で様々な使い方が出来そうな形と大きさ。
テーブルで優雅にデザートの仕上げが出来る、シフタースプーンを付けてお届けします。


アールヌーボー とは・・

アールヌーボーはウィリアム・モリスが1861年に創始したイギリスの「アーツ&クラフト運動」に起源し、フランス語で「新しい芸術」を意味します。

この運動は大量生産に反発したモリスらがより装飾的なスタイルを求めようとしたもので、19世紀末から20世紀初頭(1880〜1910年頃)にかけてヨーロッパを席巻したアールヌーボー様式の基礎となりました。

アールヌーボーは浮世絵などの日本文化の影響を色濃く受けており、実際当時のヨーロッパでは日本趣味が大変流行していました。
植物や動物、昆虫、女性などをモチーフにした曲線的な表現が特徴。


ボンボン とは・・

爛椒鵐椒鶚瓩箸いΔ海硫聴Δ蕕靴も優雅な響きを持つ言葉は元々はフランス語で、小さな焼き菓子やペストリー、チョコレートのトリュフのような小さなスウィートを指す言葉として、17世紀くらいから19世紀(ヴィクトリア時代)いっぱいまで使われていました。

ところが20世紀に入ると徐々に人々の口に上らなくなり、1930年代には完全に忘れ去られてしまったようです。
”〇〇ボンボン”等、今でもクラシカルなスタイルの菓子の名前に使われることはありますが、現在もこの”ボンボン”という言葉を日常的に使っているのは、アンティークディーラーやアンティークに詳しい一部の人のみとなりました。


年代 1900年頃
材質 シルバープレート
サイズ 直径/12.8僉々發/12
状態 AA
商品のコンデションについて
AA
アンティークとしてはなんの問題もないとても良い状態です。
A〜AA
アンティークとして良い状態です。コンディションはAAに及びませんが、アンティークとしての雰囲気はAAよりも良い場合があります。
A
アンティークとして普通の状態です。アンティークを理解されている方には全く問題なくお求めいただける状態です。
B
傷み等がみられるもののアンティークとしての雰囲気は良い状態です。状態の分だけお値段を考慮しておりますので、ご理解の上ご検討ください。
C
特別な理由がない限り、当店で扱うことはありません。

カテゴリーから探す

メニュー

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
配送/送料について
お問い合わせ
アカウント