英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス

英国 ヴィクトリアンキャット アンティークス

鍵付きはレア!ヴィクトリア時代|ティーナイフ&フォークセット 6人用

  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
  • サムネイル画像
商品番号 S141120
数量
-
手の動きに合わせて光を反射し煌めくブレードのブライトカットが美しい、ヴィクトリア時代のティーナイフ&フォークセットです。

ブライトカットは職人による手彫り。
ティー(軽食)専用なので、一般のナイフ&フォークよりも小さめです。

軽食用としては勿論、前菜やデザート用としてもお使いいただけます。
またナイフだけフォークだけでも使えるので、フォークだけをケーキに使ったり、ナイフをバターナイフ※として使うことができます。
※イギリスではバターナイフはひとり1本使います。

ハンドルの素材は象牙(アンボリー)を模して作られたアイボリンという樹脂で、天然素材(象牙)は魅力だけど使用後のお手入れが・・という方にお勧めです。
(アイボリーとアイボリンは一瞬見間違う程よく似ています)

箱も含め、非常に良い状態。
オリジナルの鍵が残っているのは非常に珍しいことなのですが、おそらく鍵の入っている紙袋もオリジナルだと思われます。
高品質の銀製品の製造で知られる、イギリスのJames Dixon&Sons社の製品。



ティーナイフ&フォーク とは・・

イギリスの“ティー”には普通の”お茶”という意味の他に、早い時間にいただく軽めの夕食〜サンドイッチやスコーン、マフィンetc.〜という意味があります。
つまり”ティーナイフ”と”ティーフォーク”はティータイムのお菓子や軽食をいただく時に使う小さめのナイフとフォークのことです。

スコーンもサンドイッチも日本人的にはパクリ!といきたいところですが、イギリス人はティーナイフとフォークを使ってひと口大に切ってから口に運びます。


製造 James Dixon&Sons
年代 1890−1900年
材質 シルバープレートxアイボリン(象牙を模した樹脂)
サイズ ナイフの長さ/19.6僉.侫ークの長さ/16.1僉“◆23.4x18.6僉仝み/6
状態 AA
商品のコンデションについて
AA
アンティークとしてはなんの問題もないとても良い状態です。
A〜AA
アンティークとして良い状態です。コンディションはAAに及びませんが、アンティークとしての雰囲気はAAよりも良い場合があります。
A
アンティークとして普通の状態です。アンティークを理解されている方には全く問題なくお求めいただける状態です。
B
傷み等がみられるもののアンティークとしての雰囲気は良い状態です。状態の分だけお値段を考慮しておりますので、ご理解の上ご検討ください。
C
特別な理由がない限り、当店で扱うことはありません。

カテゴリーから探す

メニュー

ホームへ戻る
カテゴリーから探す
配送/送料について
お問い合わせ
アカウント